肝臓には体内にある毒素をろ過し、排出するという大切な働きがあります。肝臓の機能が弱ってくると、毒素が排出しきれなくなってくるために、疲れやすくなったり、ダイエットしても痩せにくくなったり、さらには生活習慣病など様々な病気の原因となります。この肝臓が疲れているときにはカキなどの貝を食べると良いと言われることが多いのですが、これはカキの中に肝臓の機能を高める効果があるタウリンという成分が含まれているからです。タウリンを摂取すると、胆汁酸の分泌が促進されます。

胆汁酸にはコレステロールを排泄させたり、血液中のコレステロール値を下げたりする働きがあり、肝臓の働きを助けます。また、肝細胞の再生をサポートしたり、細胞膜を安定化させたりする働きなどもあります。特にアルコールを摂取したときなどは特にこのタウリンを多く摂取すると、アルコールを分解する速度が上がるために、肝臓の負担を軽減してくれます。さらに最近、若い人の間にも増えている脂肪肝にも効果が期待できます。

この脂肪肝というのは、肝臓に脂肪が溜まってしまう症状を言いますが、自覚症状が全くないために本人はほとんど問題を感じません。ところが、この脂肪肝は非常に怖い病気で、動脈硬化などの生活習慣病の原因となってしまいます。このような脂肪肝に対しても、タウリンは大きな力を発揮します。具体的には、この肝臓に溜まってしまった中性脂肪を肝臓の外に排出する効果があり、脂肪肝を改善してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です